ゴリラでもわかるオーバーウォッチ攻略

ゴリラのウィンストンでもわかるようなオーバーウォッチの攻略サイトです。

トレーサー考察

考察

自分で使うと強く思わないのに敵が使うと強く感じる筆頭キャラ。尻がエロい。

上手い人はゲームメイクができる可能性を秘めたキャラである。

立ち回り

主に裏取りしてかき乱したり、ヒーラーをキルしたりするのが仕事。なるべく死なないように立ち回って嫌がらせをし続けよう。

メインは射程が短く、なるべく近づいてヘッドを狙わないと火力が出せずただのうるさいハエ。自信のない人はピックをやめよう。

ブリンクとリコールの使い方が重要で、ブリンクを使いすぎるとすぐ死んでしまう。アビリティの残量に注意しよう。

アビリティと体の小ささにより攻撃を受けづらいものの、ヘルスがとても低く、ヘッドショットやとばっちりの事故死などで死にやすい。個人的には1デスが重い防衛側にはあまりオススメしない(すごく押し込まれている場合は復帰が早くオブジェクト周りで生き残りやすいのでアリ)。

ultのパルスボムは、単発火力が高く、出もはやいので、ザリアのバリアくらいでしか防御できない。もしも自分がスタックされたら仲間から離れよう。ザリアultと連携すると強いが、当てられればキルしやすいので溜まったら積極的に使おう。なお当てるのには練習が必要で、慣れてないと難しい。

対トレーサー考察

ロードホッグのチェーンやゴリラの電撃、マクリーのフラバン、ジャンクラットの罠やメイン、ファラの爆撃などが有効。

体力が低いので、適当に弾をばら撒けば死ぬことも多い。

敵がトレーサーを出してきた場合、裏取りからの陣地確保やヒーラー狙いを警戒しよう。特にポイントキャプチャーなどの場合、膠着状態を打開するために使われることが多い。ヒーラーを護衛する努力をしよう。

ultはザリアのバリアくらいでしか防げないので、スタックされたら味方から離れよう。