読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラでもわかるオーバーウォッチ攻略

ゴリラのウィンストンでもわかるようなオーバーウォッチの攻略サイトです。

ペイロード

ルール概説

ペイロードと呼ばれる乗り物をチェックポイントまで進ませるマップ。攻撃側がペイロード付近にいると進み、3人まで増えるごとにスピードが上がる。防衛側がペイロード付近にいると争奪中となり止まる。また、まわりに攻撃側がいないと少しずつ後退していく。

※便宜上、初めのチェックポイントをA地点、次のチェックポイントをB地点、最後のチェックポイントをC地点と呼称する。

攻撃セオリー

・ペイロードは近くに人がいないと動かない

・ペイロードの近くにいると攻撃側は徐々にヘルスが回復

・ペイロードを壁として利用することもできる

したがって、基本的にペーロードの近くで戦うことを意識したい。

ペイロードが進みチェックポイントに近づくと、攻撃側のリスポーン距離が長くなり防衛側の距離が短くなる。なので、序盤は攻撃側が有利だが終盤は防衛側が有利である。序盤は死んでもいいので敵を倒し、終盤はなるべく死なないように立ち回ろう。

キャプチャーポイント等とは違い、初めの方で一度殲滅してもチェックポイントまでは進まないので、何回か戦うことになる。(初めに殲滅できた方が有利ではある)。もしもチームが殲滅されたら、基本的には一度集合してから行動しよう。少数で断続的に攻めるのはあまり得策ではない。

防衛セオリー

攻撃側と逆で、序盤は死なないように立ち回り、終盤は死んでもいいので敵を1人でも多く倒そう。終盤付近で敵を殲滅できればだいぶ時間を稼げる。

また、防衛側がペーロードの近くにいるとペイロードが進まないので、なるべくペイロード付近で戦いたい。ペイロードへの注意がおろそかになっていると、知らぬ間に進んでいることもある。

チームが殲滅された場合、基本的には一度集合してからまとまって行動しよう。断続的に攻めるとなし崩し的に入れられてしまうことも多い。もちろん、終盤で敵が少ないなら単騎で突っ込んだり時間稼ぎすることも重要。臨機応変に行動しよう。