読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴリラでもわかるオーバーウォッチ攻略

ゴリラのウィンストンでもわかるようなオーバーウォッチの攻略サイトです。

DORADO

マップ

A地点攻撃セオリー

正面高台…ソルジャーなどの遠距離攻撃系による先制攻撃・豚などの奇襲

角を曲がった正面上の高台…ラインハルトとその他

左上の建物の高台…ファラやD.VAなど飛行できるキャラの上からの先制攻撃

だいたいこれらに敵は布陣している。

基本的に高台にいた連中はペイロードが進むと門の中に引っ込むので、ハルトの盾を張って入れば門まではスムーズに進むはず。もし高台に孤立している敵がいれば、移動スキルを持ったキャラで攻撃しよう。

吹き飛ばし系の攻撃で下に落とすのも有効。

 

門のところはチョークポイントになっており、敵の集中攻撃を受ける。ただでさえキツイのに、敵にシンメトラやジャンクラットなどがいるとさらにキツイ。

固そうならultを貯めて突破するか、フランカーでの挟撃や左上、右上からの攻めも視野に入れよう。ちなみに、右奥には壁を超えられるキャラ用の裏どりルートがありバレずに裏どりできる。

一度殲滅できればチェックポイントまではいけるはず。

A地点防衛セオリー

初めは門脇の高台に登り上から攻撃し、ペイロードが進んだら門の内側の方に布陣し直すのが定番。布陣し直すのが遅すぎるとペイロードが進んでしまいチョークポイントが無意味になってしまうので、不安なら早めに移動しよう。

ソルジャーなどが散開して上から攻撃・挟撃すると有利に戦えるが、各個撃破されないように注意。

門に火力を集中しつつ、裏どりや脇からの攻撃に注意しよう。敵がアホならここで止めることも十分可能。死なないように、あまり前に出過ぎず守ろう。

チェックポイント付近まで押し込まれた場合、敵の数が少ないようなら粘っても良いが、逆転できそうにないならさっさと引いた方いい。敵のultが貯まり、次が突破されやすくなってしまう。

B地点攻撃セオリー

最初のカーブ~直線あたりが最初の激突ポイント。右上の高台を利用することで優位に戦えるが、逆に使われると不利。移動スキルをもったキャラは欲しいところ。一応地上組も登れるが、時間がかかってしまう。

二番目のカーブ~最後の直線が次の激突ポイント。ここも高台が重要で、敵ソルジャーなどが布陣しているなら妨害したいところ。

ひらけているのでフランカーが使いやすい。思う存分暴れよう。

B地点防衛セオリー

チョークポイントがなく火力を集中しづらいため守りにくいステージ。高台を取って有利に戦いたいところ。こちらもフランカーを出してペイロードに絡みつつヒーラーを狩るのもアリ。

最後の直線は多少無理してでも前に出て入るのを阻止したい。時間があるならまとまって守りたいが、ないなら単騎で突っ込んでも良い。というか突っ込んでくれ。

ハルトが前に進まず目の前でチェックポイント通過されるとか魔境だとよくある。

C地点攻撃セオリー

動く扉?を超えた後~初めのカーブあたりが最初の激突ポイント。うまく殲滅できればそのまま入ることも。

逆に殲滅されたらなかなか攻めづらい。右上のルートを利用するとすぐに乱戦に持ち込めたり高台から攻撃できたりするので積極的に使いたいところ。

出来ればultを貯めて一気に殲滅したい。

C地点防衛セオリー

あまり前に出過ぎず、橋の下あたりに布陣しよう。壁に隠れることができ有利に戦える。高台は必ず取り、遠距離攻撃キャラを配置すると正面からの攻めに有利である。

高台側から攻めてきた場合は少し引き気味に戦おう。どのみち敵はペイロードを動かすために下に降りなければならないので、降りた敵を各個撃破するか、乱戦しよう。リスポーンが近いので死を恐れず、誰かを道連れにしたいところ。

あと少しで入ってしまう場合は粘れるキャラに変更しよう。最後は乱戦になりやすいので、遠距離攻撃キャラよりも近距離攻撃キャラの方が有用。