ゴリラでもわかるオーバーウォッチ攻略

ゴリラのウィンストンでもわかるようなオーバーウォッチの攻略サイトです。

KING’S ROW

A地点攻撃セオリー

下の出口からは地上組が、上の出口からは移動スキルがあるキャラやスナイパーで攻撃可能。射線が通っているので、最初だけウィドウメイカーにしてヘッドショットを狙うことも可能。

正面ルートと右上ルートがある。

正面ルート左の建物に入るか、正面左に進むか、正面右に進むか選ぶ。

左の建物はジャンクラやシンメトラがいる場合少し厳しい。

正面左は敵の圧力が強い。敵が弱い場合は結構行ける。

正面右は、像に隠れつつ戦える。後ろの階段を登り高台にも行ける。オススメルート。

どれを選ぶにせよ、さっさと門の中に入ろう。門の外でカバディするのはオススメしない。リスポーンが近いので、死ぬときは敵を道連れにして死のう。

右上ルート高所の有利を取れる。正面のメイ等がきつかったらこちらから攻めよう。右奥の高台が取れればかなり楽に戦える。

A地点防衛セオリー

基本的には門の手前で守る。像の前までハルトが出るとチャージを食らいやすいので、少し引き気味に守ろう。メイがいると分断しやすい。

あまり左に出ると狙撃される恐れがあるので、最初は右にいた方がいい。基本的に右か左のどちらかに固まっていよう。

左上から攻めてこられた場合、全員がそちらから攻めてくるなら像の近くよりも拠点に引いた方が守りやすい。

拠点周囲の高台からは無防備に攻撃されやすいため、高台を守るキャラが欲しいところ。

リスポーン的にかなり不利なので、とられるのはしょうがない。無理にA地点を守ろうとするより、B地点で止めることを目指そう。

B地点攻撃セオリー

曲がりくねった道を進んで行く。初めのカーブと二番目のカーブで止められやすい。

前半は正面の高台にソルジャーあたりがいるので注意しつつ、正面の敵と戦う。

カーブを曲がった後は射線が通っていないため、リーパーなど近距離攻撃キャラがオススメ。さっさと乱戦に持ち込んで倒そう。前半はリスポーンの分有利に戦える。

チェックポイント近くではなるべく死なないように敵を倒そう。また、カーブで敵を殲滅できれば、敵のリスポーンも遠いので無理に守ろうとしてこないので、チェックポイントまではスムーズに行けるはずである。

B地点防衛セオリー

リスポーンが遠いので守りづらい。高台を使えば裏どり・挟撃しやすいので、カーブ以降はフランカーで裏どりしてヒーラーを狩る方が良いのかもしれない。

前半はあまり前に出ないように戦い、後半はなるべく頑張って粘ろう。特に、チェックポイント付近での粘りは重要である。

C地点攻撃セオリー

右や正面の建物の中には大回復パックがあるので、活用しつつ攻めたい。

落下ポイントがあるので吹き飛ばしが有用。

正面上は飛行キャラ用の高台がある。出来れば取って優位に攻めたい。

敵のリスポーンが近く、ultで殲滅しないとなかなか攻めづらい。連携を意識しよう。

C地点防衛セオリー

高台を意識し、一方的に攻撃されないようにしよう。移動スキル持ちは欲しいところ。

高台を除けばガチンコ勝負になりやすい。頑張ろう。